角部屋を選択するメリット

隣の人の生活音が片側からしか聞こえないメリット

賃貸住宅は部屋の位置によっても住みやすさが異なる場合がありますが、多くの物件で人気があるのが角部屋です。アパートでもマンションでも角部屋は存在しますが、角部屋を選択するメリットとして代表的なものが、隣に住む人の生活音が少なくなることです。角部屋以外の部屋の場合、部屋の両側に別の人が生活する部屋が存在するために、両方の部屋に人が入居している場合には、騒音の量も二倍になります。特に、両方の部屋とも、騒音が大きい人が生活しているような場合には、日常生活を送るうえでも支障をきたすことがあります。ですが、角部屋ならば、少なくとも左右どちらかは誰も住んでいない空間のために、騒音を気にせずに生活しやすくなります。

他人に迷惑をかけにくいメリットや日当たりが良いメリット

角部屋を選択するそのほかのメリットとしてあげられるのが、他人に迷惑をかけずに生活しやすくなることです。賃貸住宅で生活をする場合には、自分でも気がつかないうちに騒音をたてていることがありえますが、人が住んでいる部屋にはさまれている賃貸住宅の部屋の場合には、両方の人に迷惑をかけてしまいます。 特に、夜遅く帰ってくるスケジュールの人の場合、夜中にお風呂を利用する音などが、隣の人にも聞こえてしまう場合があります。このような場合、両側に人が住んでいたらどちらにも迷惑がかかりますが、角部屋ならば迷惑をかける人の数が少なくなるので、気兼ねせずに暮らしやすくなります。 日当たりが良い部屋が多いのも角部屋のメリットで、人の住んでいない側の壁に窓がつけられているタイプの部屋ならば、ほかのタイプの部屋よりも、照明の電気代を節約できるメリットがあります。

札幌北区の賃貸を探す際には、冬場の内見がおすすめです。札幌は冬の気温が低いため、夏に内見して決めても、冬になってみるととても寒いことがあるため、冬場の建物全体の冷えを確認するとよいです。